Q 福岡南セミナーは いつ 誕生したのですか?
A 1976年(昭和51年)2月に福岡市南区三宅2丁目10-30の小さな教室からスタートして30年目を迎えます。1984年(昭和59年)12月に現在地に移転しました。93年9月従来の建物を取り壊し、94年4月に現在の福岡南セミナービルが完成致しました。土地・建物ともに自前で、一切の借入金なしの健全経営です。教室の設備はもちろん大型印刷機や各種の最新鋭機器の導入が進み、問題集の出版団体『福岡県高校進学研究会』を主宰し、福岡県版・他県版の入試問題集の出版も手がけております。2001年3月、長期計画に基づき、進学塾の歴史にピリオドを打ちましたが、多くの皆様の熱望にお応えして、同年8月から、中3だけの塾として復活致しました。2003年から中2が添削指導と夏期・冬期の講習授業で復活しました。
Q 福岡南セミナーでは 何科目教えていますか?
A  創設以来5科目指導を行なっております。すなわち 国語・数学・社会・理科・英語の公立高校入試科目すべてです。塾創設当時はほとんどの塾が1科目〜3科目指導でした。しかし、高校入試対策には5科目指導が不可欠と信じ、この地域で最初に実践しました。現在ほとんどの塾が5科目指導を行なっていますが、その先鞭をつけたのが福岡南セミナーです。
Q 福岡南セミナーの生徒数や指導学年は・・・・・?
A 30年間一貫して少人数制を堅持して参りました。一昨年から、中学2年の募集が復活しましたが、中学3年と合わせて少数定員制を堅持し、塾長自身が最低1〜2科目は全ての生徒の授業を担当できる数しか生徒を募集しておりません。塾に通う生徒の個性・能力・環境などを把握した上で指導しなければ、教師は、単なるティーチング・マシーンに過ぎないと考えるからです。生徒数百人という数の多さを誇る塾や、フランチャイズ方式で各地に教室を展開する企業経営型の塾に、教育に対する情熱や良心があるのでしょうか。また、たった一人の先生で全科目・複数の学年を指導するような零細塾ではまともな受験指導は不可能です。
Q 福岡南セミナーの公立高校合格率は・・・・・・・?
A  毎年50余名の中3生をお預かりし筑紫丘高校2桁合格を達成。例年、生徒の9割近くがが筑紫丘・筑紫・春日・福岡中央のトップレベルの高校を受験しています。2001年の復活以降、塾の進学指導に従った生徒の94%が志望校に合格し、2002年入試では、進学指導に従った生徒は、100%の合格を達成しました。開塾以来公立入試における、塾の進学指導に従った生徒の合格率は、平均9割以上で、データに基づいた確かな進学指導を行なっております。
Q 福岡南セミナーで行われるテストは・・・・・・?
A  県偏差値を算出するフクトの実力テストを実施しております。学校現場では業者テストが追放されましたが、私たちは偏差値などのデータを正しく利用する事によって、より正確な受験指導ができるものと考え、『フクトの実力テスト会』を実施しております。大手の塾が独自に行なっているテストの偏差値や中学校単位の偏差値は、いわゆる福岡県偏差値ではありません。私たちは塾で実施するテストで弱点の発見や補強に努め、フクトのテストでは確実な進学指導のためのデータ作りをするというように、テスト会を使い分けております。会場での受験では返却されない答案もコピーして返却し、弱点発見・克服に努めています。通常の授業では、漢字テスト・英単語テスト・社会科用語テストや単元毎の小テストなどが適宜実施されます。
Q 福岡南セミナーでの教授方法は・・・・・・?
A  部活動や生徒会活動がある中3の7月までは、教科書準拠テキストやプリントによる添削指導と隔週土曜日3時間の教室での学習が中心です。中2は、隔週土曜日に英語・数学の授業を受けるコースがあり、このコースの生徒は夏期講習・冬期講習も受講できます。(添削指導のみの生徒で希望する生徒は、教室定員に余裕があれば、受講可能です。)中3・8月からの夏期講習では1・2年の内容と3年1学期内容を受験教材を使って単元別に講義・演習します。その日学習した単元は自宅学習プリントで復習し、翌日提出で理解度を確認します。また、夏期講習1日7時限のうち2時限は、過去3年のフクトのテストから1・2年範囲の全単元を実施して、現在の学力を正確に分析します。このテストは、当日返却し、間違いを直して、翌日再提出、一定水準の正解率の答案には、解答と解説を添付の上返却します。授業の中でも解説していきますが、解説を見ても理解できない場合には、積極的に担当科目の先生に質問するよう指導します。自分で解こうとする努力をしないで質問しても一切教えませんが、そうでない限りは、個人指導も可能な限り実施します。
Q 福岡南セミナーの指導時間数は・・・・・・?
A  中3・2学期は月曜・火曜・木曜・金曜の4日で1回3時間週12時間が通常授業です。数学・英語が3時間ずつと、国語・社会・理科が2時間ずつです。土曜・日曜にも個人指導・自主勉強会・実力テストなどが実施され、部活が終了したあとに受験勉強が徹底的にできるよう配慮しています。大半の生徒がこの時期から急激な成績上昇を実現させています。また『夏期講習』『冬期講習』3学期には『高校入試直前授業』が連日実施されます。
Q 福岡南セミナーにはどんな生徒が集まっていますか?
A  毎年、部活動や生徒会活動・クラスの活動などと勉強を両立させようという生徒が多く集まっています。勉強だけ出来る生徒よりも、様々な活動と両立させてこそ人間的な成長があると考える塾の姿勢に共感している保護者のお子さんです。したがって、近いからこの塾に通わせようといった安易な発想の保護者のお子さんは歓迎致しかねます。校区外の遠くから通う生徒がかなり見受けられますが、目標を定めて通う生徒ほど学力も確実に向上しております。過去、地元三宅中はもちろん、筑紫丘中・春吉中・老司中・野間中・横手中・日佐中・高宮中・平尾中・春日中・春日西中・春日北中・宮竹中・柏原中・花畑中・那珂川中・那珂川南中・那珂川北中・三筑中・片江中・学業院中・福岡教育大付属中など多くの中学の生徒が三宅のこの地まで通っています。また、すでに塾の卒業生のご子弟をお預かりするようになり、親子二代「福岡南セミナー」という方が何人もいらっしゃいます。
Q 福岡南セミナーは、厳しい塾だと言われていますが?
A  塾の卒業生やその保護者に聞いて頂くことが一番です。決して厳しいだけの塾ではありません。但し、やってはいけない事をしたり、約束を守らなかったりした場合に、罰を受けるのは当然です。そのことを厳しいと思われる方は、私たちのほうからお断り致します。福岡南セミナーでの授業は、生徒の人数にかかわらず静かで規律正しいものです。授業中の私語など全くありません。また、私たちは「厳しい塾」だとの風評を敢えて誇りにしています。お金を頂いて学習指導する場所が、友達との遊びの場や家でのくつろぎの場と同じ雰囲気では、学習効果は期待できません。一人一人の生徒の個性を尊重し、その個性を育みながら30年目の歴史を刻んでおります。塾の卒業生の中には、東京大学・九州大学・福岡教育大学等へ進学した人もいますし、小学校・中学校・高等学校の先生として教壇に立っている人もいます。オリンピック出場を目指している選手や、海外で学ぶ人、社会人としても官庁や企業で活躍している人が多数いますが、これらの人たちの多くが、現在でも直接の来訪はもちろん、インターネットなどを通して塾長との親交を深めています。単に厳しいだけの塾ならば、これまでの歴史はなかったものと考えます。